\巣鴨駅南口徒歩1分、サミット正面/

整形外科・リハビリテーション科

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル2階TEL:03-6912-0318

エレベーター有・車いすの方もご安心ください

坐骨神経痛

  • TOP
  • 坐骨神経痛
坐骨神経痛
坐骨神経痛

スガモ駅前整形外科では、一般的な整形外科治療とリハビリテーション(AKA-博田法)を組み合わせた治療を行っております。

坐骨神経痛の原因としては一般的には腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症、梨状筋症候群の様な病名があげられます。しかし、これ以外にも坐骨神経痛を引き起こす病気がある事が博田節夫先生のAKA-博田法の開発とともにわかってきました。それは、骨盤にある仙腸関節の機能障害です。AKA-博田法で仙腸関節を治療すると坐骨神経痛の多くが改善される事がわかり、現在では坐骨神経痛の治療にAKA-博田法を取り入れる医療機関も増えてきています。

治療としては、急性期の痛みを抑えるものとして、痛み止めや湿布を使います。また、機械による簡単なリハビリが有効な事もあります。
しかし、これらはあくまで対症療法、痛みを抑える一時しのぎにすぎません。

なかなか、坐骨神経痛が良くならない場合は、坐骨神経痛を起こす原因を直接治療しなければいけません。その時に、効果を期待できる治療が仙腸関節を治療できるAKA-博田法です。

勿論、AKA-博田法ですべての坐骨神経痛を治療できるわけではありません。しかし、坐骨神経痛を起こす原因として仙腸関節機能障害が占める割合が非常に多い事からなかなか良くならない坐骨神経痛でお困りの方にAKA-博田法はお勧めできる治療だと思います。

当院は、AKA-博田法を運動療法に取り入れ、保険診療で行っていますのでご気軽に受診ください。