\巣鴨駅南口徒歩1分、サミット正面/

整形外科・リハビリテーション科

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル2階TEL:03-6912-0318

エレベーター有・車いすの方もご安心ください

AKA-博田法とは

  • TOP
  • AKA-博田法とは

AKA-博田法といっても、行っている医療機関が少ない為、聞いたことがない方が多いのではないでしょうか。    関節運動学的アプローチ(AKA-博田法)とは、「関節運動学に基づき、関節神経学を考慮して、関節の遊び、関節面の滑り、等の関節包内運動(関節の中での動き)の異常を治療する方法、および関節面の運動を誘導する方法」と定義され、1979年に博田節夫先生によって開発さました。

この方法は本来、関節拘縮(動きの悪い関節)に対する運動療法として開発されたものですが、AKA-博田法で関節包内運動が改善すると痛みやしびれが軽くなるということがわかり、今では整形外科的な痛みへの治療法として知られています。

スガモ駅前整形外科では、このAKA-博田法をリハビリテーションに取り入れた治療を行っております。 AKA-博田法は、腰痛、膝痛、股関節痛、肩こり等整形外科的な痛みやしびれに対して高い効果を持つ治療法です。腰痛、膝の痛み、股関節の痛み、肩こり等なかなか良くならない整形外科的な症状でお困りの方はご気軽にご相談ください。

AKA-博田法