\巣鴨駅南口徒歩1分、サミット正面/

整形外科・リハビリテーション科

東京都豊島区巣鴨1-14-3藤ビル2階TEL:03-6912-0318

エレベーター有・車いすの方もご安心ください

腰部脊柱管狭窄症

  • TOP
  • 腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症

スガモ整形外科では、一般的な整形外科治療とリハビリテーションの運動療法の一種であるAKA-博田法を組み合わせた治療を行っております。

一般的な整形外科的な治療としては、痛み止めや血流をよくする薬等による薬物療法や機械による物理療法等の治療があります。しかし、これらの治療だけでなかなか良くならず、最終的には手術をする事になってしまう事も少なくありません。最終的には手術を選択する事も少なくありません。できれば、手術をしないでどうにかしたいというのが一般的な考えだと思います。他に方法はないのでしょうか。
 一般的な整形外科の治療で良くならないという患者さんに一度試してもらいたい治療としてAKA-博田法という治療があります。腰部脊柱管狭窄症は神経の通り道が圧迫される病気なのに、何故関節の動きを治療するAKA-博田法を行うのか不思議に思う方もいらっしゃると思います。しかし、腰部脊柱管狭窄症の症状を持っている方は、同時に骨盤の関節(仙腸関節)の動きも悪くなっている方が非常に多く、その障害された関節をAKA-博田法で治療すると腰痛やしびれ等の症状がよくなっていく事が非常に多いという事がAKA-博田法の開発とともにわかってきたのです。

 そのため、腰部脊柱管狭窄症と言われる、症状で困っている方の治療では、痛みの原因として次の2つを考える必要があります。

  1. 脊柱管が狭窄している事で起きている神経障害
  2. 仙腸関節等の関節機能障害

 従来の整形外科的な治療で治すことができるものは、①の神経障害からくる症状になります。もし、②の仙腸関節の関節機能障害が痛みの原因であれば、痛みが治らないのは当然という事になると思います。

 

このような事から、腰部脊柱管狭窄症と言われるような症状で困っている方は、①と②の神経、関節の両方を治療していく事が必要と言えると思います。

当院では、以上の考えから、従来の整形外科的な治療とAKA-博田法を組み合わせることで①脊柱管が狭窄している事で起きている神経障害、②仙腸関節等の関節機能障害の両方に対する治療を行っております。
なかなか、治らない痛みで困っている方は、気軽にご相談ください。

          

AKA-博田法は、体にかかる負担の少ない安全な治療です。

AKA-博田法
AKA-博田法